中央林間うえだ鍼灸院
光線療法院 中央林間駅から徒歩4分

046-240-8412

電話受付時間 営業時間内

無料ご相談・お問い合わせ
ご予約はこちら
LINE
ご予約状況

院長ブログimage

カルシウムパラドクス

image

上田

中央林間うえだ鍼灸院院長
鍼灸でみんなを幸せにしたいと
日々精進

image

roo

健康に興味のあるネコ
出身地:千葉
好きな食べ物:肉

image

roo

太陽光線を浴びる量が不足すると骨がもろくなるんですか

image

上田

そうだね。ふつう加齢とともに骨密度は低下する。太陽光が不足するとさらにね。太陽の光によって、皮膚で活性型のビタミンDが産生されるんだけど、このビタミンDの働きで、骨はカルシウムを吸収して丈夫な骨になるんだよ
image

roo

太陽光を浴びることは大切なんですね
image

上田

太陽光によって産生されるビタミンDが大切なのは、骨に対してだけじゃないよ
image

roo

といいますと
image

上田

太陽光が足りず、皮膚でのビタミンD産生が不足すると、血中のカルシウム濃度を保とうとして、骨のカルシウムが溶け出してしまうんだ
image

roo

それで骨がもろくなるんですね
image

上田

問題は、骨がもろくなることにプラスして、血液中のカルシウムが増え過ぎてしまうこと。これをカルシウムパラドクスというよ
image

roo

カルシウムパラドクス。どうなりますか?
image

上田

過剰なカルシウムを緊急避難的に組織内や細胞内にとどめることになる
image

roo

すると
image

上田

細胞が正常に働くためには細胞の内と外とで、カルシウム濃度に大きな差が必要なんだけど、
image

roo

なんだけど、
image

上田

カルシウム濃度が上昇した状態が長く続くと、細胞内外のカルシウム濃度の差が小さくなり、細胞は正常に働くことができなくなる
image

roo

するとどうなりますか?
image

上田

たとえば動脈に沈着して動脈硬化が生じる
image

roo

ひぇー
image

上田

細動脈では収縮が強く起こるため血圧が高くなる
image

roo

うわぁー
image

上田

心臓では冠状動脈の動脈硬化のため、狭心症や心筋梗塞症が起こりやすくなる
image

roo

にゃにぃーっ
image

上田

膵臓では、インスリンの分泌量が低下し血糖値が高くなる
image

roo

どひゃーっ
image

上田

免疫担当細胞の機能障害により感染症にかかりやすくなる
image

roo

ぶはーっ
image

上田

それから、免疫監視機構の障害により体内に生じた異常細胞の除去ができなくなる。つまりはガンだね
image

roo

ガーン
image

上田

太陽光が不足するとどんな病気になっても不思議はないよ
image

roo

そうですね。植物も太陽の光がないと枯れちゃいますもんね
image

上田

ネコもね
image

roo

人もね

ビタミンD剤の副作用は、主に高カルシウム血症によるものです。
一方、日光や光線療法による自然なビタミンDの産生は、過剰になることはありません。

💊ビタミンD剤の副作用
●全身症状:倦怠感、脱力感
●胃腸症状:食欲不振、口渇、悪心、嘔吐、下痢、腹部膨満感
●腎機能障害:多尿、多飲、尿濃縮力低下、腎不全
●精神・神経症状:頭痛、傾眠、昏睡、筋力低下、筋肉痛
●異所性石灰化:腎結石、軟部組織や動脈壁への石灰化
●血圧の上昇
●血中コレステロール上昇

過去のブログはこちら

image
image

当院は疲労、冷え症、不眠症の3大慢性疾患専門の治療院です。
東洋医学的治療を行うにあたって説明をしっかり行いすべての治療を院長が責任を持って最後まで担当します。
中央林間駅から徒歩4分、本気で治療と向き合う鍼灸院として「質の高い毎日を過ごしたい」「本当の健康を手に入れたい」と一緒に改善を目指す方のご来院をお待ちしております。

PAGE TOP