中央林間うえだ鍼灸院中央林間駅から徒歩4分

046-240-8412

電話受付時間 営業時間内

無料ご相談・お問い合わせ
ご予約はこちら
LINE
ご予約状況

院長ブログimage

東洋医学が現代西洋医学的病名にこだわらない理由

2020/04/09

image

roo

「東洋医学的視点でとらえる」ってどういう意味ですか?それが大事って聞きましたけど

image

上田

東洋医学には東洋医学の病気のとらえ方があって、東洋医学的な治療をするためには、東洋医学的に患者さんをみて、その病状を東洋医学的にとらえるということだよ
image

roo

例えば?
image

上田

例えば、不眠という症状があるでしょう?
image

roo

はい
image

上田

一口に不眠といっても、眠れなくなるまでの過程は人によって同じではないんだ。だから不眠を治療しようとしたら睡眠薬を出すように、ここに鍼をうってお灸をすれば、それでいいということではないんだよ
image

roo

不眠に効くツボがあるわけではないということですか?
image

上田

不眠の特効穴と呼ばれツボはあることはある。例えば「失眠」がそうだね。しかし失眠だけでは不十分だ。その人の状態にあったツボと失眠とを組み合わせて治療していくんだね
image

roo

ふーん
image

上田

そのためには、全体をとらえるということが、どうしても必要になってくるよ
image

roo

なるほど
image

上田

不眠症の人の「眠れない」というのは一つの症状に違いないけれど、それだけではその人全体をみていることにならない
image

roo

そうですね
image

上田

全体像を把握するためには、もっと多角的にみる必要があって、例えば舌診や脈診などもそうだね。患者さんから話を聞けば「眠れない」ということ以外にも、いろいろとあるはずだよ
image

roo

いろいろと問診をして、いろいろ舌もみて、脈もみる。だから時間がかかるんですね。なんか大変そうですね
image

上田

とくに初回は時間がかかってしまうけど、治療は鍼と灸をするだけだから、シンプルといえばシンプルだよ
image

roo

鍼灸師は手術ができるわけでも、薬を処方できるわけでもない
image

上田

そういうこと。それに東洋医学の治療は、全体をみて、その人の体がいい方向に向かっていくようにすることだから、現代医学的病名にはあまりこだわらないよ。もちろん参考にはするけど
image

roo

不眠症、腰痛、頭痛、アトピー性皮膚炎、過敏性腸症候群、うつ病、本当にいろいろな病名があります。一人で全部ということもありますね
image

上田

そうだね。一つの病気ごとに薬を出していたら、人によっては凄い量になってしまうね
image

roo

なんかこわいですね
image

上田

繰り返しになるけど、東洋医学的な治療をするときは、東洋医学的にその「人」をみて治療をしていくんだ
image

roo

だから、西洋現代医学的病名がなんであっても治療ができるというわけですね
image

上田

そういうことです

現代西洋医学的治療は「病気」に対して行われます。
例えば、不眠症には「睡眠薬」、うつ病には「抗うつ薬」といった具合です。

一方、東洋医学の治療の対症は「証」です。

その人が腎虚であれば「補腎」、肝気鬱滞であれば「疏肝理気」という治療が施されます。
腎虚には腎虚による不眠、めまい、耳鳴りなど、
肝気鬱滞には肝気鬱滞による不眠、イライラ、便秘や下痢という起こりやすい症状があって、
それぞれが改善されれば、その証による症状がすべて消失してしまう可能性があるということです。

これを「異病(症)同治」といって、病や症状が違っても「証」に働きかけることで、
その症状すべてに働きかけることになります。

また同じ病名(症状)であっても証が違えば、使用するツボが同じではありません。
これを「同病(症)異治」といいます。

なんで鍼を打つのか?

過去のブログはこちら

image
image

当院は疲労、冷え症、不眠症の3大慢性疾患専門の治療院です。
東洋医学的治療を行うにあたって説明をしっかり行いすべての治療を院長が責任を持って最後まで担当します。
中央林間駅から徒歩4分、本気で治療と向き合う鍼灸院として「質の高い毎日を過ごしたい」「本当の健康を手に入れたい」と一緒に改善を目指す方のご来院をお待ちしております。

PAGE TOP