中央林間うえだ鍼灸院
光線療法院 中央林間駅から徒歩4分

046-240-8412

電話受付時間 営業時間内

無料ご相談・お問い合わせ
ご予約はこちら
LINE
ご予約状況

院長ブログimage

病と証

image

上田

中央林間うえだ鍼灸院院長
鍼灸でみんなを幸せにしたいと
日々精進

image

roo

健康に興味のあるネコ
出身地:千葉
好きな食べ物:肉

image

roo

中医学では証に対して治療していくと聞きました。証ってなんですか?病と証は違うんですか?

image

上田

病は病気や病名のこと。証とは、その人の状態もしくは体質のことだね。現代医学では、病名を決定して、それに対して薬などの処方をしていくんだ。だから病名が付かなければその先に進めないということになってしまうけど、実際は病名が付けれないようなものがたくさんあるんだよ
image

roo

不定愁訴というやつですね
image

上田

そうだね。その点、状態や体質がないなんてことはない。だから証を相手にした場合、積極的な治療ができるよ
image

roo

にゃるほど
image

上田

それから、例え病気(病名)が同じでも証が違えば治療法が違ってくるよ
image

roo

といいますと?
image

上田

例えば、不眠症。肝火上炎によるもの、心腎不交によるもの、瘀血や痰湿にアプローチした方がいいものなど、いろいろあるよ。不眠は最終的には心血の不足によって起こるんだけど、そこに至るまでの過程が違うんだ
image

roo

効果的な治療をするなら、しっかりと証を見極める必要があるということですね
image

上田

そうだね。同じ不眠でも証が違えば使うツボが違ってくる、これを同病異治というよ
image

roo

同病異治
image

上田

逆に病気(病名)が違っても証が同じなら、同じツボを使って治療する。これを異病同治というね
image

roo

異病同治
image

上田

肝火上炎は、不眠以外にも、頭痛、肩こり、うつ、めまい、ひどいものだと脳血管障害に至るケースもあるよ
image

roo

これらの病気の治療や予防には、肝火上炎をよくしていかなければいけないということですね
image

上田

逆に、不眠も肩こりも、うつもめまいも脳血管障害も、肝火上炎によるものだけじゃない、それぞれ証があるよ
image

roo

ああ、なるほど
image

上田

だから病名だけにこだわってしまうと中医学的な治療ができなくってしまうんだよ
image

roo

はい
image

上田

中医学で、一つの病名に特化した治療ということをしないのは、こういう理由があるからなんだ
image

roo

「一人の人の全体をみる」というのもそういうことですか?
image

上田

はい、そういうことです

症状というものは、弱いところに出ます。
同じ腎虚でも、お腹が弱いという人もいれば、耳鳴りが気になる人もいれば、不眠症の人もいれば、
不妊症に悩む人もいます。

同じ人間であっても体質はみんな同じではありません。
辛いのが好きな人いれば、辛いのが嫌いな人もいるように、
その人に合った治療をするのが中医学の一つの特徴です。

中医学で病名にのみ焦点を当てた治療をしないのは、そのような理由からです。

過去のブログはこちら

image
image

当院は疲労、冷え症、不眠症の3大慢性疾患専門の治療院です。
東洋医学的治療を行うにあたって説明をしっかり行いすべての治療を院長が責任を持って最後まで担当します。
中央林間駅から徒歩4分、本気で治療と向き合う鍼灸院として「質の高い毎日を過ごしたい」「本当の健康を手に入れたい」と一緒に改善を目指す方のご来院をお待ちしております。

PAGE TOP