中央林間うえだ鍼灸院中央林間駅から徒歩4分

046-240-8412

電話受付時間 営業時間内

無料ご相談・お問い合わせ
ご予約はこちら
LINE
ご予約状況

院長ブログimage

治療はいつ受けたらいいか

ueda

上田

中央林間うえだ鍼灸院
鍼灸でみんなを幸せにしたいと
日々精進
roo

roo

健康に興味のあるネコ
好きな食べ物:肉
出身地:千葉
image

roo

疲労、冷え症、不眠症、不妊症の鍼灸治療はいつ受けたらいいですか

image

上田

いつでもいいよ
image

roo

例えば女性の場合、月経周期に合わせて受けた方がいいですか
image

上田

その前に月経周期について簡単な説明をしようね
image

roo

はい
image

上田

月経周期は個人差があって一般的に27~35日。生理の初日が月経周期の初日になるよ。その日から月経周期が始まって、月経が起きている間が月経期。それが終わってから排卵までが卵胞期、排卵が行われる頃が排卵期、排卵後の黄体期、の4期に分かれるんだ
image

roo

この周期によって体調が変化するんですよね
image

上田

そうだね。月経期の体調管理のポイントは気の巡りを良くして、血が留まらないようにする「理気活血」だね
image

roo

しっかりと経血を流すんですね
image

上田

そう。月経期が終われば卵胞期。排卵に向けて卵胞が育つこの時期は陰陽で言えば陰の時期だね。陰を育てるために治療原則は「調補肝腎」となるよ。卵胞ホルモン(エストロゲン)の分泌が盛んになって、ふつう心身共にこの次期が一番調子がいいね。排卵させ、その後の高温相を充実させるためには、しっかりと卵胞を発育させ、陰を充実させることが大切だよ。卵胞が十分に育たないと卵子が飛び出しにくいんだね。陰が育てばおのずと陽の状態も良くなる
image

roo

陽のために陰を育てるというのは、活動のためにしっかりと睡眠をとるのと同じですね。不眠症のところでお話がありました。しっかりと活動できれば夜も良く眠れるし、良く眠ることで昼間の活動も一層充実したものになる
image

上田

その通り。よく覚えていたね
image

roo

ええ、まあ。陰陽論は女性の月経周期にも当てはまるんですね
image

上田

おおよそ自然界の全ての物ことに当てはまる。女性の月経周期も例外じゃないよ
image

roo

女性も自然界の一部ですもんね
image

上田

男性もね。卵胞期の後半に排卵が起こるよ。卵子が飛び出して黄体期へと移っていく。卵子が飛び出す排卵は陽的な現象だね。排卵した後の卵胞は黄体へ姿を変えるんだ。この黄体から分泌されるプロゲステロンに体温を上昇させる働きがあるため、黄体期は基礎体温でみれば高温相、陰陽なら陽の時期だね
image

roo

黄体期の後半はつまり月経の前ですね
image

上田

そうだね。エストロゲンの分泌量が低下することで、人によってはイライラしたり、頭痛が起きたり、浮腫みやすくなったりなど月経前症候群(PMS)がひどい人もいる。この時期の過ごし方のポイントは、肝の状態を良くして、気を巡らせること。無理のない運動をしたり、入浴をうまく利用するといいね
image

roo

いかにリラックスできるか、でしょうか?
image

上田

そうだね。無理をしないことだね
image

roo

月経周期にはいろいろなホルモンが関わっているんですね
image

上田

ホルモンには決まった働きがあって、エストロゲンは主に妊娠させるためのホルモン、プロゲステロンは妊娠を維持するためのホルモンだね
image

roo

はい
image

上田

と、まぁ、こんな感じで、月経周期は繰り返されるんだ
image

roo

この中の、どこで鍼灸治療を受けてもいいんですか?
image

上田

基本的にはどこで受けてもいいよ
image

roo

基本的には?
image

上田

そう。これまでもお話した通り、鍼灸治療には、取り合えず今起きている症状を取り除くための対症療法(標治)と、そういう症状が起きないようにすることを目的に行う根本療法(本治)とがあるんだ
image

roo

そうでした
image

上田

だから標治なら、肩がコっている時や腰が痛い時など、症状が出ているときが治療をする時だね。また生理痛が激しいのなら、生理の前に治療を受けるのもいい

image

roo

でもそれは標治ですよね
image

上田

そうだね。本治とは、肩こりや腰痛や生理痛などが起きないような、もしくは起きても軽くて済むような体質にしていくものだよ。だから、根治的な治療を受けるのは、基本的にはいつでもいいんだ
image

roo

そういうことですか
image

上田

つまり、どうしても鍼灸を受けるのが辛い時や、鍼灸院に行くのが大変な時は、何もその時に受ける必要はないよ。本治療法を目的に鍼灸を受けるのであれば、むしろ体調がいいときの方がいいね
image

roo

なるほど
image

上田

標治に意味がないと言っているんじゃないよ
image

roo

わかります。取り合えず症状を楽にするのであれば、標治でもいいんですよね
image

上田

取り合えず症状を軽くしておくということも大事だよ。どんな症状かにもよるけど、その都度、その都度症状を軽くしておくということを重ねればエネルギーが蓄積されて、それが根治へもつながっていく。周期療法などは、月経周期に合わせて治療を行い体調を整えることで、妊娠することを目標にしているんだね

image

roo

そうなんですか
image

上田

でも、温めるだけでは冷え症が治らないのと同じように、標治療法だけでは中々状況は変わっていかない。それに、月経期には理気活血、卵胞期には調補肝腎、排卵期に排卵を促し、黄体期には疏肝理気、と月経周期に合わせて治療を受け続けるのは、現実的に難しい部分もあるんだ
image

roo

生理周期が安定していない人もいますしね
image

上田

標治に頼らなくても、本治をしっかりとやって自力で排卵、着床、そして妊娠できるようにするのが最も理想的で現実的じゃないかな
image

roo

オッケーです

応急処置的に、たった今ある症状を取るために行うものを標治といいます。

その都度症状を取り除くことはエネルギーを蓄えることになり、
長い目で見れば、それは本治をサポートすることに繋がっていきますから、
標治にも意味はあります。

しかしそれだけでは、なかなか体質に対してまで働きかけることができません。

本治としての治療を受けるのはむしろ体調が良いときの方がいいですね。

過去のブログはこちら

image
image

当院は疲労、冷え症、不眠症の3大慢性疾患専門の治療院です。
東洋医学的治療を行うにあたって説明をしっかり行いすべての治療を院長が責任を持って最後まで担当します。
中央林間駅から徒歩4分、本気で治療と向き合う鍼灸院として「質の高い毎日を過ごしたい」「本当の健康を手に入れたい」と一緒に改善を目指す方のご来院をお待ちしております。

PAGE TOP