中央林間うえだ鍼灸院中央林間駅から徒歩4分

046-240-8412

電話受付時間 営業時間内

無料ご相談・お問い合わせ
ご予約はこちら
LINE
ご予約状況

院長ブログimage

人をみる中医学

2019/12/26

image

上田

中央林間うえだ鍼灸院院長
鍼灸でみんなを幸せにしたいと
日々精進
image

roo

健康に興味のあるネコ
出身地:千葉
好きな食べ物:肉
image

roo

中医学では「証に対して治療をする」とのことですけど、これはどういう意味ですか?

image

上田

例えば、胃の調子が悪くて病院に行ったとするでしょ?
image

roo

はい
image

上田

多くの場合、いくつかの質問をされた後「お薬を出しておきますから、しばらく様子を見ましょう」となるね
image

roo

そうですね
image

上田

それで調子が良くなればいいけど、良くならなかったり、良くなってもすぐに再発(慢性疾患に多い)するようだと「じゃあ、もう少し詳しい検査を」となる
image

roo

胃カメラを飲んだり
image

上田

そう。そこで何か見つかればそれに対して対処することになるけど、何も見つからなければ「どうしましょ」ということになってしまう
image

roo

つまり病気がなければ打つ手がない
image

上田

病気がないわけじゃないんだけどね。自覚症状はあるわけだから。何かしら診断名は付くよ
image

roo

診断名が付けられた後、どうなりますか?
image

上田

困っちゃうよね
image

roo

そうですねぇ。「薬を飲む」ということなら、これまでと同じですもんね
image

上田

その点、中医学は「病気」に対してではなく「証」に対して治療をするから、打つ手がないということがない
image

roo

証って何ですか?
image

上田

証とは状態のこと、もしくは体質のことだね。状態や体質がないなんてことはないから、治療はできるんだ
image

roo

にゃるほど
image

上田

病名は一つでも「証」は一つじゃない
image

roo

どういうことですか?
image

上田

例えば不眠症。一口に不眠症といっても、中医学的にはいろいろあるんだ。痰熱による不眠、肝火による不眠、心脾両虚による不眠、心腎不交による不眠などなど沢山。一人の人の証が一つというわけでもない
image

roo

ふーん。それぞれ治療法が異なる?
image

上田

そう。証は人によって違うし、その時々の状況によっても違う。だから治療法も同じじゃない
image

roo

その人にあった方法でやらないと治療の効果が薄れてしまうんですね
image

上田

その通り。「その人に合った」治療を重んずるということから、病気をみる西洋医学に対して、人をみる東洋医学(中医学)というよ
image

roo

薬を飲んでも良くならない人、あまり薬を飲みたくない人は、東洋医学を受けるのも一つですね
image

上田

生活習慣の見直し改善と合わせてね

不定愁訴と呼ばれる様々な症状があります。

疲労、冷え症、不眠、肩凝り、腰痛、頭痛。

これら諸々の症状が根っこでは繋がっていたりします。

つまり大本を正すことが、すべての症状に対して手を打つことになり、
大本が正されれば、すべての症状が無くなる可能性があります。
これを根本治療といいます。

過去のブログはこちら

image
image

当院は疲労、冷え症、不眠症の3大慢性疾患専門の治療院です。
東洋医学的治療を行うにあたって説明をしっかり行いすべての治療を院長が責任を持って最後まで担当します。
中央林間駅から徒歩4分、本気で治療と向き合う鍼灸院として「質の高い毎日を過ごしたい」「本当の健康を手に入れたい」と一緒に改善を目指す方のご来院をお待ちしております。

PAGE TOP