中央林間うえだ鍼灸院中央林間駅から徒歩4分

046-240-8412

電話受付時間 営業時間内

無料ご相談・お問い合わせ
ご予約はこちら
LINE
ご予約状況

院長ブログimage

本治と標治

2019/07/16

ueda

上田

中央林間うえだ鍼灸院 院長
鍼灸でみんなを幸せにしたいと
日々精進
roo

roo

健康に興味のあるネコ
好きな食べ物:肉
出身地:千葉
image

roo

根本治療が大事って、どういうことですか?

image

上田

症状を取り除くだけの治療だけではいけません、ということだね
image

roo

症状を取り除く?
image

上田

症状は臭いみたいなものだね。臭いには、臭いの元があるでしょう?
image

roo

クサイ臭いは元から絶たなきゃだめ
image

上田

わかってるじゃない
image

roo

まぁね
image

上田

治療には根本療法と対症療法があって、中医学では前者を本治、後者を標治と呼ぶんだよ
image

roo

本治と標治
image

上田

「急ならば標を、緩ならば本を」という言葉があるんだ
image

roo

どういう意味ですか?
image

上田

急性疾患なら応急処置を優先させて、慢性疾患なら病気のできるだけ大元に働きかける治療をしましょう、という意味だね

 

image

roo

例えば?
image

上田

例えばニキビという症状があるでしょう?
image

roo

はい
image

上田

その人が便秘だったとする。実際にこういうケースは多いね
image

roo

多そうですね
image

上田

このような場合、ニキビを和らげるための塗薬を使ってもいいけど、便秘を改善することが大事、さらには冷え症を良くすることが、より根本に働きかける治療ということになるね

image

roo

お通じを良くするために、冷え症を改善させるんですね
image

上田

そうだね。ただ便秘が冷え症を悪化させているということもあるんだ
image

roo

ん?逆のパターンですか?
image

上田

便秘は体内の巡りが悪いことで起きるんだ、自律神経でいえば交感神経が優勢になっている状態だね
image

roo

自律神経?
image

上田

人が生命を維持するために働いている神経のことで、交感神経と副交感神経がの二つから成っているんだよ。戦闘モードに入っているときには交感神経が、リラックスモードのときは副交感神経が優勢になっているんだ
image

roo

へぇ
image

上田

交感神経が優勢の時は、血管が収縮して血流悪くなる。それから胃腸の働きも悪くなる
image

roo

便秘のときは交感神経が優勢なんですね
image

上田

そういうことになるね。便秘を改善することでリラックスモードになれば血流が良くなる。それが冷え症の改善につながるんだ
image

roo

あー、そうか
image

上田

冷え症の改善が便秘を良くすることになり、便秘を良くすることが冷え症の改善になる。わかるかな?
image

roo

わかります。にわとりが先か、たまごが先かみたいな話ですね
image

上田

そうだね。だから症状を緩和させることも大事だね。もちろん、できるだけ根本に働きかけることが大事なのは変わらないよ
image

roo

はい
image

上田

根本に目を向けることが大切な理由はそれだけでないんだよ
image

roo

どういうことですか?
image

上田

便秘による症状はニキビだけじゃない。大腸疾患のリスクが高くなるし、精神的にもよくないね
image

roo

あー
image

上田

便秘があることで、気の巡りは益々悪くなる。するとどんな病気になってもおかしくない
image

roo

気は巡っているのがいいんですよね?
image

上田

そうだよ。認知症の患者さんが便秘だった場合、問題行動の8割は便秘を解消することで治まるといった話もあるんだ
image

roo

えーっ
image

上田

巡りは良くしておかないとね
image

roo

ニキビを治すために便秘を良くする。便秘はニキビ以外にもいろいろな症状を引き起こす
image

上田

そう。冷え症は便秘のさらに根本にあって、もっともっと多くの症状とつながっているんだ。だから本治が大事なんだ。わかってくれたかな
image

roo

よくわかりました

東洋医学では、虚と実の概念に基づいて治療を行います。
必要であるはずのものが足らないのが虚、要らないものがあるのが実。
足らなければ補い、邪魔なものがあれば瀉します。

気虚、血虚、陽虚、陰虚などが必要なものが足らない状態、
邪魔なものとは、気が滞る気滞、水の停滞による痰飲、
血の流れが悪くなることで生じる瘀血などです。

虚実夾雑とは、虚と実が両方見られるもので、
本拠標実とは、一見実に見えるが本当は虚というものです。

しかし虚であっても、実であっても症状が出ていることに変わりはありません。

怯えたときに、尻尾を丸めて大人しくなる犬と、キャンキャン吠える犬がいます。
一見正反対の兆候ですが本質的なものは同じです。尻尾を丸めるのも、
キャンキャン吠えるのも、身を守るために必要だから、そうなります。

「実」は実力や充実の実で、実力があり、心身が充実していれば、尻尾を丸める必要も、
キャンキャン吠える必要もありません。
つまり虚証にしても、実証にしても、虚実夾雑証にしても、
鍼灸治療を必要とするような方の多くは、根本は虚ということ。
そのように考えると、治療が必要な状態での「実」とは、実に見えるだけで、
実際のところは本虚標実ということになります。

病気は皆、急性期に実証の様相を呈していても、長期に渡って慢性化すると虚証となります。

このような場合、実に対してだけの治療では不十分で、本治を目指すのであれば、
必ず補の治療を行わなければなりません。

過去のブログはこちら

image
image

当院は疲労、冷え症、不眠症の3大慢性疾患専門の治療院です。
東洋医学的治療を行うにあたって説明をしっかり行いすべての治療を院長が責任を持って最後まで担当します。
中央林間駅から徒歩4分、本気で治療と向き合う鍼灸院として「質の高い毎日を過ごしたい」「本当の健康を手に入れたい」と一緒に改善を目指す方のご来院をお待ちしております。

PAGE TOP