中央林間うえだ鍼灸院中央林間駅から徒歩4分

046-240-8412

電話受付時間 営業時間内

無料ご相談・お問い合わせ
ご予約はこちら
LINE
ご予約状況

院長ブログimage

不眠症と肩凝り

2019/10/18

ueda

上田

中央林間うえだ鍼灸院院長
鍼灸でみんなを幸せにしたいと
日々精進
roo

roo

健康に興味のあるネコ
出身地:千葉
好きな食べ物:肉

 

image

roo

肩が凝っていると眠りにくいですか?

image

上田

そういう人は多いね。逆によく眠れないから、肩が凝るということもあるよ
image

roo

つまり肩凝りが解消されればよく眠れるようになるし、よく眠ることで肩凝りが軽くなるんですね
image

上田

そういうことになるね。肩凝りと不眠のポイントは、五臓でいえば肝との関りが深いよ
image

roo

肝って何でしたっけ?
image

上田

肝はストレスを受け止めたり、筋肉の緊張度や血液量の調節をしたりする臓腑だね
image

roo

えーっと、どういうことでしょう?
image

上田

肩凝りは、頭や腕を固定するための筋肉(主には頚の後ろの筋肉だね)が、長い時間同じ長さのままの状態が続き、その部分の血流が停滞することで起こるんだ
image

roo

筋肉と血液の関係ですね
image

上田

そういうこと。その状態を解消するためには、ずーっと同じままの長さだった筋肉を伸ばすこと。頭を横に倒すなどのストレッチをするといいね。それからその部分の筋肉をギュッと掴むのもいい
image

roo

筋肉を伸ばすと血流が良くなって、肩凝りも和らぐんですね
image

上田

そうだね。それから精神的なストレスを受けることでも肩は凝るよ
image

roo

それで肩凝りは肝との関りが深いということですね
image

上田

肝気鬱滞の一つの症状が肩凝りだね。鬱は「鬱病」の意味と、「流れが滞る」という意味があるんだ
image

roo

どちらにしても、肩凝りは肝との関りが深いということですね
image

上田

そうだね。現代医学的に見た場合、肩凝りのキーワードは、Aγニューロン、脳幹網様体、大脳皮質ということになるね
image

roo

何ですか?それ
image

上田

脳幹網様体は脳にある一部分で、筋肉の緊張度を調節する働きと意識を保持する働きあるんだ。Aγニューロンというのはそこから筋肉に伸びている神経。大脳皮質は知覚、随意運動、思考、推理、記憶など行う
image

roo

何か難しそうですね
image

上田

そうだね。でも表現の仕方が違うだけで、中医学でも現代医学でも言っていることは同じだよ
image

roo

ふーん
image

上田

筋肉は緊張しすぎない程度に緊張しているのが普通の状態だね。筋肉が過度に緊張しっぱなしだったり、逆に力が入るべきときに力が入らないというのは困るでしょう?
image

roo

そうですね
image

上田

筋肉(末梢)と脳・脊髄(中枢)との間で、常にやりとりが行われていて、筋肉は常に理想の長さや硬さに保たれているんだ
image

roo

なのに肩が凝る
image

上田

そう。長い時間、坐ったまま、立ったままの同じ姿勢を取り続けると、オーバーワークによって脳幹網様体・Aγニューロン系の働きが悪くなってしまう。それで筋肉が凝ってしまうんだね
image

roo

それを解消するたには、ストレッチや筋肉を掴むなどの刺激を入れるといいんですね
image

上田

一時的に解消するんであればそれでいい
image

roo

一時的?
image

上田

それでいっとき楽になっても、すぐに元に戻るようであれば、もう一歩深いところでの対応が必要だね
image

roo

といいますと
image

上田

脳幹網様体は筋肉からの情報だけでなく、大脳からの刺激も受けているんだ。だから筋肉に刺激を与えてAγニューロンを復活させつつ、大脳からのストレスを受けないようにしたほうがいいね
image

roo

具体的にはどうしたらいいですか?
image

上田

不快な刺激をシャットアウトする。できれば静かなところで、目を閉じて横になるのがいいね
image

roo

要するにリラックスするということですね
image

上田

そういうことだね
image

roo

つまりはしっかりと寝るということですか?
image

上田

その通りなんだけど、肩凝りがあるとそれが不快な刺激になって眠りの邪魔をするんだ
image

roo

中医学でいうことろの肝鬱気滞からの肝火上炎ですね
image

上田

よくわかっているね
image

roo

えへん
image

上田

こんなときは、鍼灸治療が有効だよ。凝りのある部分への施術と合わせて、肝鬱によって滞っている気の流れを良くして、肝の火も降ろすといいね
image

roo

標治と本治ですね
image

上田

そう、標本同治療だね。凝りは肩以外にもその周辺の頚、頭、背中などにも波及しているから、その辺りもポイントになるよ
image

roo

肩凝りを解消して、快適な毎日を過ごしたいですね

姿勢を維持するための筋肉が働かなかったり、
逆にただ立っていればいいだけなのに、
異常に力が入ってしまっては困ります。
そんなの疲れてしょうがない。

普通は中枢(脳脊髄)と筋肉との間で常に情報のやり取りが
行われていますから、そんなことにはなりません。

筋肉の状態を良好に保つための神経がAγニューロン。
脳幹毛様体というところから筋肉に向かって
伸びています。

Aγニューロンという頼もしい味方がいるのにも関わらず、

肩凝りは起こります。

過度に筋肉が緊張する状態が続くと
脳幹毛様体からのAγニューロン系に異常が生じ、
筋肉を理想の状態に保つことができなくなって、
結果、肩凝り、というわけ。

肩こりを緩和させるには、凝っている筋肉を伸ばしたり、
ギュッと掴んだりするのが効果的です。

がしかし、それだけで肩凝りが解消された状態が
長く続かないのは、多くの人が経験済み。

ストレスが肩凝りを悪化させますから、
肩凝り解消のためには、
暗い所で、目を閉じて、横なるのがgood。

リラックスのための音楽を流したり、
好みの香りを嗅ぐのもいいでしょう。

しっかりと睡眠を取ってエネルギーを蓄えねばなりませんが、
肩凝りが邪魔をして眠れない。

そんなときは肩凝りと不眠の両方に働きかける治療が効果的です。

「脳幹毛様体、Aγニューロンを賦活させて、大脳皮質を休める」

これはつまり、東洋医学でいうところの
気や血を司る肝を良好な状態にして上亢した肝火を下ろす
ことに他なりません。

過去のブログはこちら

image
image

当院は疲労、冷え症、不眠症の3大慢性疾患専門の治療院です。
東洋医学的治療を行うにあたって説明をしっかり行いすべての治療を院長が責任を持って最後まで担当します。
中央林間駅から徒歩4分、本気で治療と向き合う鍼灸院として「質の高い毎日を過ごしたい」「本当の健康を手に入れたい」と一緒に改善を目指す方のご来院をお待ちしております。

PAGE TOP