中央林間うえだ鍼灸院
光線療法院 中央林間駅から徒歩4分

046-240-8412

電話受付時間 営業時間内

無料ご相談・お問い合わせ
ご予約はこちら
LINE
ご予約状況

院長ブログimage

関節の痛みに対して

image

上田

中央林間うえだ鍼灸院院長
鍼灸でみんなを幸せにしたいと
日々精進

image

roo

健康に興味のあるネコ
出身地:千葉
好きな食べ物:肉

image

roo

関節痛で悩む人が多いみたいですね

image

上田

2019年の厚生労働省の国民生活基礎調査によると、関節疾患は、高齢者の要支援になる原因の第1位だよ
image

roo

えー、そんなに
image

上田

関節疾患が高齢者の健康寿命を短縮しているということだね
image

roo

大きな問題ですね
image

上田

医療費の高騰、労働力低下の一因にもなっている
image

roo

医療費の高騰は留まることを知りません
image

上田

高齢者の生活の質(QOL)を向上させるために関節疾患の予防、悪化防止は急務といえるね
image

roo

どうしたらいいですか
image

上田

まずは適度に運動すること
image

roo

はい
image

上田

ところが、いざ関節が痛くなってから運動しようと思っても、それができない
image

roo

困りましたね
image

上田

だから、痛くなる前から運動する習慣を身につける必要があるね
image

roo

今は健康でも、いずれ自分も痛くなるかもしれない
image

上田

そうだね。つらい思いをするのは自分だから。予防が大切だね
image

roo

要支援や要介護ということになると、家族や周りの人も大変です。すでに痛くなっている人はどうしたらいいですか?
image

上田

なんらかの手段で痛みを緩和させないといけない
image

roo

その上で、できる運動をするということですね。痛みを緩和させるために、どんな方法がありますか?
image

上田

多くの場合、飲み薬や湿布薬が用いられるね
image

roo

病院に行けば必ず出されます
image

上田

ただ、飲み薬にしても、湿布薬にして、長い目で見た場合、決していい方法とはいえない
image

roo

といいますと
image

上田

痛みの止めの薬は消炎鎮痛剤といって、血流を阻害させることで炎症を消そうというものだ。血流が阻害されれば、治癒力は低下してしまうよ
image

roo

つまり、痛み止めの薬は、急性期に痛みを止めるためのものであって、長く使えば逆効果になってしまう
image

上田

そういうこと
image

roo

鍼やお灸、光線療法はどうですか?
image

上田

いいよ。これらは基本的に患部や体全体を温めるものだから、積極的に行いたいね
image

roo

はい
image

上田

鍼灸や光線療法は、たんに体を温めるだけじゃなく、抗炎症作用、免疫力の向上作用がある。関節を支える筋肉群の緊張を緩和させて、関節疾患の悪化予防に効果的だ
image

roo

関節の痛みが和らげば、筋力を強くするための運動もしやすくなりますね
image

上田

そういうことになるね。痛みがないことが、こんなにありがたいことだと実感する人はとても多いね
image

roo

気持ちも前向きになりますね

 2019年の厚生労働省の国民生活基礎調査による、要支援になる原因の第1位が膝関節症などの関節疾患。ちなみに、要介護になる原因の第1位は認知症です。認知症になる原因は、降圧剤などの薬によるもの、食生活、運動不足、人間関係の問題からくるストレスなどが言われています。痛みがあれば運動はできなくなり、服薬の量も増えます。つまりは痛みを緩和させることが、関節症を和らげ、認知症を減らすことになり、ひいてはQOLの向上、患者の幸せへとつながります。

膝の痛み
股関節の痛み
可視総合光線療法について
膝を痛めないために跨をつくる

過去のブログはこちら

image
image

当院は疲労、冷え症、不眠症の3大慢性疾患専門の治療院です。
東洋医学的治療を行うにあたって説明をしっかり行いすべての治療を院長が責任を持って最後まで担当します。
中央林間駅から徒歩4分、本気で治療と向き合う鍼灸院として「質の高い毎日を過ごしたい」「本当の健康を手に入れたい」と一緒に改善を目指す方のご来院をお待ちしております。

PAGE TOP