中央林間うえだ鍼灸院
光線療法院 中央林間駅から徒歩4分

046-240-8412

電話受付時間 営業時間内

無料ご相談・お問い合わせ
ご予約はこちら
LINE
ご予約状況

院長ブログimage

東洋医学って何?

2019/07/06

ueda

上田

中央林間うえだ鍼灸院 院長
鍼灸でみんなを幸せにしたいと
日々精進
roo

roo

健康に興味のあるネコ
好きな食べもの:肉
エジプト出身
image

roo

東洋医学って何ですか?

image

上田

東洋医学というのは、主に中国伝統医学、インドのアーユルヴェーダ、ギリシャのユナニ医学などのことだね。日本で東洋医学といえば中医学のことをいう場合が多いね
image

roo

中医学?
image

上田

そう。中国伝統医学のことで、現在はヨーロッパやアメリカ、オーストラリアにも普及していて、主に鍼灸や生薬、あん摩や気功などを用いて行うんだ
image

roo

へぇ
image

上田

中国に古くから伝わる療法にもいろいろあって、中華人民共和国ができて以来、中医学の名前で統一されて理論が確立されたんだよ
image

roo

鍼灸だけじゃないんですね
image

上田

鍼灸、生薬、あん摩、気功を中医学の四大療法と呼んで、どれも陰陽五行論という古代の考え方をもとに行われるんだ。だから鍼灸イコール中医学ということではないね。西洋医学的な鍼灸もあります
image

roo

陰陽五行論?
image

上田

陰陽論は、この世のものはすべて陰と陽の二面性をもつというもの。五行論は、世界で起きる事柄は大自然にある五つの物質(木火土金水)と、そのそれぞれの関係性に当てはめて考えることができるというものだよ。合わせて陰陽五行論
image

roo

大自然
image

上田

すごーく簡単に言うと、どちらも何事もバランスが大事で、バランスが崩れたときに病気になるよ、というものだね
image

roo

バランスが大事・・・・
image

上田

それと陰陽論にしても五行論にしても「全体をみる」ということや「他とのつながり」の大切さを言っているんだ
image

roo

ふーん
image

上田

例えば、夜は陰で昼は陽。昼は夜があるから昼だし、昼がなければ夜という概念は生まれない
image

roo

あー
image

上田

五行も同じ。火は木という燃料があるから存在するわけで、燃料や材料がなければ存在しない、できない。その木は水がなければ育つことができないでしょう
image

roo

にゃるほど
image

上田

木が燃えて火になって、火が燃えた後の灰が土になって、土の中から金が摂れる。金属が水滴を集めて、水によって木が育つ、というように一つのものはそれだけでは存在しないね。どのような事柄にも必ず原因や、そこに至るまでの段階があるんだね
image

roo

にゃーるほど
image

上田

それから中医学や他の伝統東洋医学の特徴として、自然治癒力を高めることをとても重要視しているね
image

roo

自然治癒力?
image

上田

人や動物に備わっている体調を良くしたり、病気を未然に防いだりする力のことだよ。この力がしっかりしていれば病気にもなりにくいし、なっても治りやすいんだ
image

roo

僕の体にもありますか?
image

上田

もちろんだよ。でも不摂生が続くと自然治癒力は弱くなってしまうんだ。元気な時から養生することが大事だよ
image

roo

養生が大事なんですね
image

上田

そう。それと薬の使い過ぎも自然治癒力を低下させてしまうね
image

roo

わかります。自然治癒力の活躍の場を奪ってしまう
image

上田

そういうこと。車に乗ってばかりいると足腰が弱くなることと同じだね。車がすべて悪いということではないよ
image

roo

鍼灸や漢方薬、あん摩や気功は自然治癒力を高めるために行うんですね
image

上田

それ以外にも自分でできることいろいろとあるから、やるといいよ。これからこのブログでいろいろと話していこうと思っています

 

※東洋医学に対して西洋医学、伝統医学に対して現代医学という言葉が使われます。しかし、東洋医学といっても古くから伝わるものばかりではないし、西洋医学にも伝統的なものはあります。東洋医学イコール伝統医学もしくは古典医学、西洋医学イコール現代医学ということではありません。

 

西洋医学という言葉は、多くの場合「現代医学」と同等の意味で使われます。東洋医学には東洋医学の、現代医学には現代医学の良さがあり、それぞれの得意不得意があります。現代医学は急性症状の対処に、東洋医学は慢性疾患や体質の改善に優れています。脳梗塞で倒れている人に鍼灸や漢方薬で対応するのは正しい選択と言えないし、いつまでもよくならない病気に対して現代医学しか用いないのは、可能性を狭めることになってしまいます。

中国では手術の日程が決まればそれまでの間、患者は自ら気功を行い、体調を整えるそうです。緊急を要する場合はそれができないこともあるでしょうが、それでも日ごろから体調を整えておけば大きな病気にはなりにくい。このように考えると現代医学の予防医学は、東洋医学でいうところの未病治にほぼ等しく、東洋医学、現代医学というカテゴリー分けは、便宜上行っているに過ぎない場合も多々あることが分かります。状況に応じた方法をうまく利用することが良い結果をもたらします。どちらか一方に偏る必要はありません。

疲れているときには休むことが基本です。それが許されないとき、強壮剤を飲むなどのことをしてその場をしのぐことがあります。強壮剤はあくまでその場しのぎとして用いるもので、多用は乱用となりかねません。また現代薬は、即効性の面において漢方薬よりも優れています。しかし休むべきときには休むことが何よりも大切です。

鍼灸をしたから休まなくてよい、漢方薬を飲んでいるから睡眠時間を削ってよいということではないのと同様に、無理をするために現代薬を飲むという発想は危険です。薬は症状を和らげるものであって、病気を根本から治すものではないということを頭においておく必要があります。

薬・気晴らし・そして
オアシス
猪木、坂口
寒熱
押さば引け
科学的はえらいか
やせた馬を
たかが知れているもの、いないもの
裏目・表目
即効性
陰を補うための一つの方法
腎9 経験療法、東洋医学
脾8
西洋人も東洋偉人も宇宙人
新薬・新治療
治療をするところ
陰の季節に動く
八重とぬえ
五つの輪
葉っぱがいっぱい
やみくもに
筋力と気力と
夏の養生灸
4つのポイント2
難行六十九難
根に働きかける
一度断ってみる
指圧2
指圧
夏の体
不正な気の動きは病を起こす
ルルドの泉で
喉が渇いてから井戸を掘る
いずれにしても
中医理論
腎から始まる
東洋医学を味わおう
震え
眺めのいいところ
佐川官兵衛が槍の稽古中に言ったこと
時は流れ、気は巡る
治癒力を半減させるもの
好きこそものの
東洋医学は体にやさしい
東洋医学的発想
既存の医療の限界
燥邪
先人たちの知恵
太陽と霞
治癒への道が始まるとき
余る、足らない
土着の療法
木侮金
原因探し
東の味
肝とliver
鍼灸の歴史を
気功と抑肝散
発散する、補養する
お灸のこと
内因性オピオイド
火は熱いもの
小松左京とアランと五行説
頭と心で
東洋医学
したいから、もしくは行のように
赤チンは誰のため
少女と海
科学の進歩
スキンシップ
咳が止まらない人・続き
咳が止まらない人
冬の病は夏に治せ
月のあかり
陰陽を感じよう
アップダウンクイズタイプが多いようです
お灸と引きこもり
真実の喜び、偽の喜び
葉は根の部分でつながっている
体の気、心の気
まず落ち着く、そしてその次に
なるべく自然に
心と腎となでしこジャパン
自然治癒力
仁と腎
土台
逆子治療
治る不思議、治らない不思議
イヤな夢を見るとき
人の気、地球の気
気の巡り
明と暗
変えないために
全てはつながる

土とのたわむれ
イニシエーション2
イニシエーション
剣禅一如
龍馬の血
SSRI
鍼の真骨頂
五液
長期戦
人は一人では
原穴
前後、上下、左右、内外、過去未来、つまりは全体
温or冷
日本人に合う東洋医学
雪の中の湯
症状を訴える人
コレステロールと死亡率2
膠原病入院日記
膠原病入院日記
膠原病入院日記
薬を止める
適度に、適切に
温もりを逃すな
鬼退治
お手入れ
現象と本質
脳機能計測技術
五能
喜の意味するもの
メタ認知
COP15
漢方薬保険適用外?
下焦にあるもの
プラシーボ効果
病気か健康
元気な病人、病気の元気人

ライバル
いいものは取り入れたい
Serious
養生のポイント
四股を踏まない相撲取り
日だまりの樹
濁っているのか?
薬食同源
光と影とモノの良さ
ツボの効能
強く揉むのはいけないのか?

原因不明の皮膚疾患
梅核気
ピラミッドの高さと底辺の広さは比例する
底力
考える臓腑
中国では脈を先に取る
お七の火事
反応 
山茶花が咲いた
直径10㎝のユズをもらった
秋冬の収蔵モード
行きつけ
五神
肝腎要
怪病多痰
補中益気湯
夏の終わりの中医学
9月6日は黒の日

嗅覚の話
急なれば標を
ドーピングと同じ


腎不納気
生態系を整える
医師不足
五行の金
生きる五行説
出す
今年も湿の話
標治と本治
未病治
鍼灸の歴史
風邪
陰と陽
梅雨です
アライメントと症状
早め早めのお手当を
今、陰陽論
今、陰陽論2
今、陰陽論3
スジというもの
なんで鍼を打つのか?

過去のブログはこちら

image
image

当院は疲労、冷え症、不眠症の3大慢性疾患専門の治療院です。
東洋医学的治療を行うにあたって説明をしっかり行いすべての治療を院長が責任を持って最後まで担当します。
中央林間駅から徒歩4分、本気で治療と向き合う鍼灸院として「質の高い毎日を過ごしたい」「本当の健康を手に入れたい」と一緒に改善を目指す方のご来院をお待ちしております。

PAGE TOP