中央林間うえだ鍼灸院中央林間駅から徒歩4分

046-240-8412

電話受付時間 営業時間内

無料ご相談・お問い合わせ
ご予約はこちら
LINE
ご予約状況

症例image

冷え症(腎陽虚)  随伴症状:腰痛

山川さん 女性32歳回数12回期間59日間

慢性的腰痛持ちで、過去にギックリ腰を何度か起こしている。手足が冷たく、冷え症を自覚している。痩せている。舌が白い。過去に整体、マッサージの経験あり。ギックリ腰には二度となりたくないと来院。

上田
腰痛でお辛い
山川さん
ええ
上田
今、どのような感じですか?
山川さん
疲れた時にひどくなります
上田
ということは痛くないときもあるということですか
山川さん
はい、最近はそうですね
上田
重く感じることは?
山川さん
それは、いつもです
上田
ギックリ腰になったことはありますか?
山川さん
あります
上田
どんな状況だったのでしょうか?
山川さん
やはり疲れが溜まっていたと思います
上田
ギックリ腰を起こしたときを後で振り返ってみると、そういうことが多いですね
山川さん
そうですよね。だと思います
上田
疲れが溜まると筋肉の柔軟性が低下して、筋肉が伸びるべきときに伸びないで、プチッといってしまうんです。(筋肉が微小断裂を起こすということ)
山川さん
なるほど
上田
それと柔軟性が低下する理由として、やはり体が冷えているときにそうなります
山川さん
自分は冷え症だと思います
上田
ギックリ腰にならないためには、冷え症を改善すること。それと当たり前ですが、疲れを溜めないことです。これは慢性腰痛でも同じです
山川さん
はい
上田
腰の筋肉を緩めて、冷え症を改善させるための治療をしていきます

施術経過

1回目
筋々膜性の腰痛だが、冷え症(腎陽虚)があることを考慮し治療を開始する。

2~ 6回目
腰の重さが軽減する。自分でもストレッチを始める。

7~12回目
治療、ストレッチ共に継続。生活全般において腰痛は半分以下に軽減。
メンテナンスのために月1回来院。

分析と解説

日頃から腰が重だるく、疲れが溜まってくると腰痛がひどくなり、ギックリ腰も数度経験されているとのこと。腰痛を起こす背景には冷えがあることがとても多く、山川さんの場合も手足が冷たいといった自覚症状がありました。また舌が白いのは、体が冷えていることを表しています。冷えていたり、疲れがたまっていたりすると筋肉が固くなり、その状態で無理な負荷が掛かると筋線維が微小断裂を起こします。これがギックリ腰。腰痛を解消しギックリ腰を予防するためには、腰部やそれに関連する部位の施術と合わせて、冷え症の治療が必要です。当初、疲れていて運動する気力などないとのことでしたが、鍼灸治療によって体調がよくなったため、朝に3分就寝前に3分のストレッチを行うようにされました。腰の重さ痛みともに、ご自身の感覚で半分以下に軽減されました。

image
image

当院は疲労、冷え症、不眠症の3大慢性疾患専門の治療院です。
東洋医学的治療を行うにあたって説明をしっかり行いすべての治療を院長が責任を持って最後まで担当します。
中央林間駅から徒歩4分、本気で治療と向き合う鍼灸院として「質の高い毎日を過ごしたい」「本当の健康を手に入れたい」と一緒に改善を目指す方のご来院をお待ちしております。

PAGE TOP