中央林間うえだ鍼灸院中央林間駅から徒歩4分

046-240-8412

電話受付時間 営業時間内

無料ご相談・お問い合わせ
ご予約はこちら
LINE
ご予約状況

院長ブログimage

冷え症のはなし7 冷え症とホルモン

2019/10/03

ueda

上田

中央林間うえだ鍼灸院院長
鍼灸でみんなを幸せにしたいと
日々精進
roo

roo

健康に興味のあるネコ
出身地:千葉
好きな食べ物:肉
image

roo

前回は冷え症にまつわる自律神経や免疫など、西洋医学的なお話しでした

image

上田

西洋医学的にみれば冷えは、自律神経、免疫といった観点から説明することができるね。それからホルモンとの関りもあるよ
image

roo

ホルモンってなんですか?
image

上田

体内で分泌されて、体内で特定な働きをする、あらゆる生体活動の調節をしている物質だよ
image

roo

例えば?
image

上田

例えば、夜中寝ている間にトイレに行かずにすむのは、抗利尿ホルモンのおかげだよ
image

roo

なるほど
image

上田

他にも、排卵を起こさせる、血糖値を安定させる、炎症症状を抑える、身体を成長させる等々、いろんな働きがあるよ。女性が女性らしく、男性が男性らしいのもホルモンの働きだね
image

roo

ふ~ん。そのホルモンが冷え症とも関係しているんですか?
image

上田

そう。体温を上昇させる働きのあるホルモンは、主に甲状腺ホルモンと黄体ホルモンだね
image

roo

それらのホルモンが分泌されないと冷え症になる?
image

上田

そうだね。甲状腺機能低下症の人は体熱の産生量が落ちるよ。甲状腺機能低下症の人は、中医学的には陽虚証として治療することが多いね
image

roo

ふむ
image

上田

黄体ホルモンは、受精卵の着床や乳腺の発育を促すと同時に、黄体期の高温を維持するために働くよ。だからホルモンの分泌が不安定な思春期と更年期は冷え症になりやすいんだ
image

roo

どうしたらいいですか?
image

上田

甲状腺の問題や黄体ホルモンの分泌不全による思春期や更年期障害は、冷えるということ以外にも、いろいろな症状が出ることが多いよ。一度病院やクリニックで診てもらうこと
image

roo

にゃーい

甲状腺機能低下症の症状の一つに「夏なのに汗をかかない」があります。
これは甲状腺ホルモンの分泌不足による体温調節機能低下のためです。

また、普段と違って、だるい、眠気、肌のカサツキ、むくみ、脱毛、
便秘などの症状が見られたら、検査を受けましょう

過去のブログはこちら

image
image

当院は疲労、冷え症、不眠症の3大慢性疾患専門の治療院です。
東洋医学的治療を行うにあたって説明をしっかり行いすべての治療を院長が責任を持って最後まで担当します。
中央林間駅から徒歩4分、本気で治療と向き合う鍼灸院として「質の高い毎日を過ごしたい」「本当の健康を手に入れたい」と一緒に改善を目指す方のご来院をお待ちしております。

PAGE TOP