中央林間うえだ鍼灸院中央林間駅から徒歩4分

046-240-8412

電話受付時間 営業時間内

無料ご相談・お問い合わせ
ご予約はこちら
LINE
ご予約状況

院長ブログimage

不眠、心腎不交2「水気凌心」

2019/08/01

ueda

上田

中央林間うえだ鍼灸院 院長
鍼灸でみんなを幸せにしたいと日々精進
roo

roo

健康に興味のあるネコ
好きな食べ物:肉
出身地:千葉
image

roo

前回は、心と腎がうまく相交しない「心腎不交」の内の、心火独亢と陰虚火旺についてお話を伺いました

image

上田

はい。そうでした
image

roo

陽が旺盛になるのが心火独亢、陰が減って相対的に陽が多いのが陰虚火旺、でしたよね
image

上田

そうだね。残りは二つ。わかるかな?
image

roo

一つは・・・、陰が旺盛になるもの?
image

上田

ピンポーン
image

roo

おっ
image

上田

すごい、すごい、良くわかっているじゃない。陽が旺盛になるもの、陰が虚すもの、ときたら、次に来るのは陰が旺盛になるものと、陽が虚すものだね
image

roo

はい
image

上田

陰が旺盛になるとは、ここでは体内に余計な水分があるということ。腎陽はふつうにあるんだけど、水分が多すぎて気化しきれない。するとその多すぎる水分によって心腎の相交が邪魔されてしまうんだ。このよう状態を水気凌心というんだよ
image

roo

原因は水分の取り過ぎですか?
image

上田

そういうことだね
image

roo

どうしたらいいですか?
image

上田

水分の取りすぎを止めること、余計な水分を体から追い出すこと
image

roo

余計な水分を体から追い出すのは、汗をかけばいいですか?
image

上田

そうだね。適度な運動で汗をかけばいいね。やり過ぎはだめだよ。一晩寝ても取れない浮腫みや、おしっこが出にくいなどのことがあれば病院でみてもらうこと。それともう一つ。脾の調子を整えることだ
image

roo

脾?
image

上田

現代医学的にいえば、だいたい消化器官に相当する。体内の水分代謝は脾が中心になっておこなわれるんだよ。だから脾の調子が悪くなると余計な水分が溜まりやすいんだ
image

roo

ふーん
image

上田

脾は体の真ん中、心は体の上の方、腎は下の方にある臓腑だ
image

roo

真ん中で、心腎相交の邪魔をするということですか?
image

上田

そういうこと。邪魔をするのは脾ではなくて、そこで生じた痰飲だ。本来は、脾も心や腎などとうまくやっていくはずなんだけどね
image

roo

一つ調子が狂うといろいろ影響するんですね
image

上田

そうだね。寒冷地で腎陽を失ったわけでもなく、心腎の陰が虚すような特別大きなストレスがあるわけでもない、また心陽が減ってしまうような心疾患を持っているのでもない、つまり心や腎に原因がないのに心腎不交になることがあるんだ。それが脾気虚から生じる痰飲だよ。水気凌心の背景には脾気虚があることが多いんだ。
image

roo

水気凌心、脾気虚
image

上田

水気凌心は心腎不交の一つの形態。脾気虚はその背景にある状態。その脾気虚によって生じた病理産物のことを痰飲とか痰湿、もしくは単に湿というんだ。湿気の湿だね
image

roo

湿が溜まるとどうなりますか?
image

上田

湿疹が出やすくなる、浮腫みがちになる、お腹が張る、胃もたれ、元気がなくなる、それと不眠だ。胃の調子が悪くて熟睡できない人は多いよ
image

roo

どうしたらいいですか?
image

上田

患者さん自身がやれることは、暴飲暴食を避けること。適度に運動すること。結局はこれだよ
image

roo

やっぱり
image

上田

次回は、心腎不交の四つ目「心腎陽虚」について説明します

 

過去のブログはこちら

image
image

当院は疲労、冷え症、不眠症の3大慢性疾患専門の治療院です。
東洋医学的治療を行うにあたって説明をしっかり行いすべての治療を院長が責任を持って最後まで担当します。
中央林間駅から徒歩4分、本気で治療と向き合う鍼灸院として「質の高い毎日を過ごしたい」「本当の健康を手に入れたい」と一緒に改善を目指す方のご来院をお待ちしております。

PAGE TOP