中央林間うえだ鍼灸院中央林間駅から徒歩4分

046-240-8412

電話受付時間 営業時間内

無料ご相談・お問い合わせ
ご予約はこちら
LINE
ご予約状況

院長ブログimage

不眠、心腎不交3「心腎陽虚」

2019/08/03

ueda

上田

中央林間うえだ鍼灸院 院長
鍼灸でみんなを幸せにしたいと日々精進
roo

roo

健康に興味のあるネコ
好きな食べ物:肉
出身地:千葉
image

roo

今日は心腎不交の4つめですね

image

上田

そうです。心腎不交の4つめは、心腎陽虚です
image

roo

はい
image

上田

陽虚というのは、気虚に冷えが加わったものだね
image

roo

元気がなくて冷えの症状があれば陽虚なんですね
image

上田

そういうこと
image

roo

ネコもなりますか?
image

上田

なると思う。基本的なことは人間と同じはず
image

roo

ひぇー
image

上田

心には大きな働きが二つあるよ
image

roo

何ですか?
image

上田

一つは心臓としての働き、もう一つは大脳としての働きだよ
image

roo

心臓と大脳
image

上田

久病などで体力が低下したり、それによって心臓のポンプ作用が活動的でなくなると
心陽が減って心陽虚になってしまう。このような人は、体が冷える以外にも、動悸や息切れ、浮腫などの症状が出やすいよ
image

roo

はい
image

上田

それとストレスによって心神不寧となると、やはり心陽虚になる
image

roo

心神不寧。前にも出てきましたね
image

上田

心陽と腎陽はそれぞれ補い合っているといった話があったでしょ
image

roo

心陽の虚は腎陽の虚に、腎陽の虚は心陽の虚につながるんですよね
image

上田

そう。もともと体力のない人やお年寄り、慢性的疾患を持っている人が、冷たいものを取り過ぎたり、長い間寒いところにいたりすると腎陽虚となる。症状としては手足が冷える、トイレが近い、といった以外にもいろいろあるよ。心陽虚と同じく浮腫みやすいね
image

roo

つまり陽が少ないことで、調子が悪くなるってことですね
image

上田

そう。不眠にもなる。冷えは万病の元だよ
image

roo

あれ?ちょっと待ってください
image

上田

何かな?
image

roo

陽虚ということは、相対的に陰が多いということですよね?
image

上田

そうだね
image

roo

陰が多いんだった良く眠れるんじゃないですか?「ブログ神の帰る家」では、不眠は、心血虚や心陰虚によって起こるって言ってたじゃないですか

image

上田

おー、いいところに気が付いたね
image

roo

どういうことですか?
image

上田

陽がなければ陰は機能しないんだ。陽によって陰が運ばれることで、陰としての仕事ができるんだよ。だから陰だけがあっても不眠の解消とならないんだね
image

roo

ふーん。結局は陰陽のバランスが取れていないとダメなんですね
image

上田

そういうこと

睡眠は陰の力によってもたらされます。
陰がなければ眠ることができず、また陰がうまく働かなければ睡眠に支障をきたします。

陰とは、寒であり、冷であり、水であり、静であり、眠りです。
ですから、あるべきところにあるべき陰がなければ不眠になります。

「あるべきところ」にというのがポイント。
睡眠において、陰があるべきところとは心です。
そこに至る過程にはいろいろありますが、最終的には心陰虚を経て不眠となります。

水気凌心や痰飲は余分な水です。
水が余っているんだから陰虚になどならない、
むしろ陰が多いわけだから良く眠れるんじゃないかと思いきや、そうではありません。

おさらいです。
陽盛による不眠は、相対的陰虚となり、心陰虚となって眠れなくなります。
(これはあくまで陽盛であって、陰虚ではないといった見方もあります)
この場合原因は、眠れなくなるほどの精神的興奮です。

陰虚による不眠は、陰の不足が心に及び、心陰虚となって眠れなくなります。
過労や夜型の生活、寝不足などが原因となります。
寝不足だったら、眠くなって眠ってしまうんじゃないかという気がします。
しかし陰が虚すほどの寝不足が続くと、眠ろうとしてもうまく眠ることができなくなります。

陽虚による不眠は、体が冷えている(陽が少ない)ことで、陰が動かないために心に陰が届かず、
心陰虚となって眠れなくなります。陰であってもその原動力となるのは陽ですから、
陽がパワー不足であれば、心における陰虚となって眠れなくなります。

水気凌心・痰飲の話に戻ります。
陰陽の視点で捉えれば眠りは陰です。

冷えも陰、水も陰。
だから冷えや水が体にたくさんあれば良く眠れるような気がしますが、そうではありません。

胃腸での水はけが悪いとこれが痰飲となって陰の働きを邪魔します。
痰飲があるために、陰は心に辿り着くことができず心陰虚となって不眠となります。

原因は、もともと胃腸が弱い、それと飲みすぎ食べ過ぎです。
水気凌心とは、過剰な水分によって心が凌駕されるということです。

先に「心腎不交」について記しました。体の下部にある腎は腎陰を主り、
心陰は腎陰から供給を受けています。腎は下(専門的に下焦という)に、心は上(上焦という)にあります。

何事もなく健全であれば心腎相交しています。
しかしこの下と上の関係を邪魔してしまう存在があって、それが中焦に滞った湿。
湿を主るのは脾胃(現代医学的には消化器官に相当します)です。

普段、脾胃は心とも腎ともうまく関係を保ち代謝活動や生命維持のために働いています。
しかし許容量を超えて処理仕切れなくなってしまった水は痰飲となり、
中焦にある脾胃に停滞して、心と腎の走行を妨げてしまいます。

相交できなくなった心と腎は心腎不交となり、
心は腎から腎陰の供給を受けられなって心陰虚となります。

このような人の特徴として、
胃腸の調子が悪い、お腹が張る、鼻水・鼻づまり、湿疹がでやすいなどがあります。
合わせて睡眠に問題がある人は、胃腸の調子を整えることがとても大事です。

また病理産物である痰飲がなくても、胃腸の弱さは不眠につながります。
脾が弱ければ飲食物から血(陰的エネルギー物質)をつくることができず、
心において陰血不足となります。心と脾の双方が虚してしまうこの状態を心脾両虚といい、
不眠の原因となります。

過去のブログはこちら

image
image

当院は疲労、冷え症、不眠症の3大慢性疾患専門の治療院です。
東洋医学的治療を行うにあたって説明をしっかり行いすべての治療を院長が責任を持って最後まで担当します。
中央林間駅から徒歩4分、本気で治療と向き合う鍼灸院として「質の高い毎日を過ごしたい」「本当の健康を手に入れたい」と一緒に改善を目指す方のご来院をお待ちしております。

PAGE TOP