中央林間うえだ鍼灸院中央林間駅から徒歩4分

046-240-8412

電話受付時間 営業時間内

無料ご相談・お問い合わせ
ご予約はこちら
LINE
ご予約状況

院長ブログimage

腰痛とうつ病と不眠症の関係

2019/12/17

image

上田

中央林間うえだ鍼灸院院長
鍼灸でみんなを幸せにしたいと
日々精進
image

roo

健康に興味のあるネコ
出身地:千葉
好きな食べ物:肉
image

roo

腰痛がなかなか治らない人がいますね

image

上田

腰痛は、一般的には整形外科で扱う疾患だね
image

roo

そうですね
image

上田

整形外科的疾患以外に考えられる腰痛は、主に内臓から来るものと精神疾患から来るものがあるよ
image

roo

はい
image

上田

検査で内臓由来のものでないことが確認できたら、精神的なものである可能性が高い
image

roo

気のせいということですか
image

上田

この場合「気のせい」とは、脳内で痛みの感受性が高まってしまうことだよ
image

roo

感受性が高いから、小さな痛みを大きな痛みとして捉えてしまうんですね
image

上田

そういうこと。なかなか消えてなくならない腰痛の陰には、うつ病が隠れていることも多いんだ
image

roo

うつ病ですか?
image

上田

こころの病が体の症状となって現れるんだね。仮面鬱とも呼ばれるよ
image

roo

へぇ、自分ではわからないんですか?
image

上田

「自分の腰痛の正体が、実は精神的なもの」という話を聞いても信じない人と、「確かに思い当たることがあります」という人がいるね
image

roo

人それぞれなんですね
image

上田

そうだね。ただ「精神的ストレスが腰痛を引き起こす」ということを知るだけで痛みが無くなったり、軽くなったりすることは珍しくないんだ
image

roo

そうなんですか
image

上田

抗うつ薬を飲んで和らぐのであれば、その痛みは、多かれ少なかれ精神的要素をはらんでいるといった考え方もできるね
image

roo

なるほど。骨や筋肉などに対する治療でよくならなかったら、別の方法を考えることも大切ですね
image

上田

痛みの感受性を正常な状態に戻すためには、しっかりと眠ることだよ
image

roo

うつ病の人は同時に不眠症だったり、眠りが浅かったりするという話を聞いたことがあります
image

上田

うつ病をよくするためには脳内のセロトニンの量を増やすこと、そのためには朝に太陽の光を浴びることが必要なんだ
image

roo

でも、うつ病だから朝起きられない。どうしよう
image

上田

熟睡できていないから朝になっても起きられない。だから不眠を解消することが大事だね。そうやって、少しずつ気力を回復させていくんだ
image

roo

ポイントは、いかに「しっかりと眠ることができるか」ですね

image

上田

起きて朝の光を浴びる、するとセロトニンの量が増える、そうすることで夜よく眠れるようになって、うつ病も解消する
image

roo

すると、これまで運動器疾患としてだけしか扱ってこなかった腰痛がよくなる
image

上田

そう。すると、これまで運動器疾患としてだけしか扱ってこなかった腰痛がよくなる
image

roo

良く眠るって大切なんですね

痛む部位とその痛みを受け取る場所があって、
初めて「痛み」が生れます。

例えば、腰痛なら痛むのは腰、その痛みを認識するのは脳。
脳内で痛みの感受性が高まると、小さな痛みを大きな痛みにしてしまったり、
ないはずの痛みを生み出してしまったりということが起きます。

こころの病をこころの病として表に出すことができないとき、
それは体の病として現れ、これがいわゆる仮面鬱と呼ばれるものです。

職場や学校、家庭での環境が「うつ」を生じさせますが、
その環境に潰されてしまうことなく、より良い結果を得るには
気力を充実させることがとても大事で、
そのためには、しっかりと眠ること。

なにはともあれ睡眠を充実させることです。

 

過去のブログはこちら

image
image

当院は疲労、冷え症、不眠症の3大慢性疾患専門の治療院です。
東洋医学的治療を行うにあたって説明をしっかり行いすべての治療を院長が責任を持って最後まで担当します。
中央林間駅から徒歩4分、本気で治療と向き合う鍼灸院として「質の高い毎日を過ごしたい」「本当の健康を手に入れたい」と一緒に改善を目指す方のご来院をお待ちしております。

PAGE TOP