中央林間うえだ鍼灸院中央林間駅から徒歩4分

046-240-8412

電話受付時間 営業時間内

無料ご相談・お問い合わせ
ご予約はこちら
LINE
ご予約状況

院長ブログimage

頭痛と疲労と冷え症と不眠と

image

roo

頭痛持ちの人がたくさんいます

image

上田

薬が手放せない人も多いね
image

roo

つらいですね
image

上田

西洋医学的には、緊張性頭痛や片頭痛など。またはそれらが合併したものがあるね
image

roo

どのようなものでしょう?
image

上田

緊張性頭痛は、首すじから後頭部にかけての筋肉が緊張収縮することで起こるよ
image

roo

肩コリに伴う頭痛ですね
image

上田

片頭痛は、脳の血管が一度収縮、その後に拡張したときに起きるんだ
image

roo

ふーん。何でそうなるんですか?
image

上田

ストレスが掛かると、自律神経の働きによって血管が収縮する。その反動で血管が拡がるんだね。だからストレスから解放される休みの日に頭が痛くなる人もいる
image

roo

なるほど
image

上田

どちらも自律神経が関係しているね
image

roo

自律神経って、自分でコントロールできないんですよね
image

上田

直接的にはね。でも呼吸を意識したりすることで、自律神経に働きかけることはできるよ
image

roo

頭痛を緩和するためには、自律神経の乱れを整えるってことが大事なんですね
image

上田

自律神経のバランスを整えるとは、交感神経と副交感神経のバランスを整えるということになるね
image

roo

交感神経が戦闘モード、副交感神経がリラックスモード、ですね
image

上田

東洋医学(中医学)では、頭痛をもうちょっと細かく分類するよ
image

roo

へぇ、そうなんですか?
image

上田

その方がより的確な治療ができるからね
image

roo

ふーん
image

上田

気血両虚による頭痛、肝陽亢進による頭痛、それから痰濁や血瘀、腎虚などによっても頭痛が起きるよ
image

roo

いろいろあるんですね
image

上田

気血両虚の頭痛なら疲労が溜まっていることが多いし、肝陽の亢進なら、睡眠の質が悪いといった症状を併せ持っている場合が多いね
image

roo

頭痛を良くしていこうと思ったら、疲労を取り除いて、しっかりと深く眠れるようになる必要があるんですね
image

上田

そういうこと。疲れやすい、睡眠の質が悪いといったことの背景には冷え症があるケースも多いよ
image

roo

全部つながっているんですね
image

上田

ひとによって現れ方が違うだけでね

頭痛が起こるきっかけは、
精神的ストレス、人ごみや騒音、月経、空腹、
天候、睡眠不足、寝過ぎ、肩こりなど様々あります。

自分の頭痛の誘因が何であるかを見極めて、
それを避ける工夫をすることは大切ではあります。

しかし少々のストレスでも頭痛が起きないよう、
日頃から頭痛に対しての基礎的体力をつけておくことが
「未病治」(積極的に予防するという意味)であり、
最も重要視すべきことでしょう

過去のブログはこちら

image
image

当院は疲労、冷え症、不眠症の3大慢性疾患専門の治療院です。
東洋医学的治療を行うにあたって説明をしっかり行いすべての治療を院長が責任を持って最後まで担当します。
中央林間駅から徒歩4分、本気で治療と向き合う鍼灸院として「質の高い毎日を過ごしたい」「本当の健康を手に入れたい」と一緒に改善を目指す方のご来院をお待ちしております。

PAGE TOP