中央林間うえだ鍼灸院
光線療法院 中央林間駅から徒歩4分

046-240-8412

電話受付時間 営業時間内

無料ご相談・お問い合わせ
ご予約はこちら
LINE
ご予約状況

院長ブログimage

アサリとドライトマトのスパゲッティ

2020/08/22


ゆきこ           

今日は気軽に作れる本格スパゲッティをご紹介。汗をかいて失ったミネラルをアサリで補い、暑さに負けないカラダを作りましょう!

<アサリとドライトマトのスパゲッティ>

暑い夏にも食べやすい、シンプルなスパゲッティです。アサリはミネラルたっぷり。栄養豊富で近年人気のドライトマトと一緒に召し上がってください。休みの日のランチにもぴったりな簡単レシピです。

★材料(2人分)

スパゲッティ・・・200g
アサリ・・・1パック
ドライトマトのオイル漬け・・・100g
にんにくのみじん切り・・・適量
白ワイン・・・50cc
塩・・・適量
ベビーリーフ(飾りつけ)・・・適宜
EXVオリーブオイル・・・適量

★作り方

1.沸騰したお湯に塩を入れ、スパゲッティを茹でる。
2.茹でている間に、フライパンにオリーブオイルとにんにくを入れ火にかけ、香りが出てきたらアサリと白ワインを入れフタをする。
3.アサリの口が開いたら、ドライトマトのオイル漬けを加え混ぜる。
4.3に茹でたスパゲッティを入れてからめて、皿に盛りつける。
5.お好みでベビーリーフやパセリなど緑のものを飾り、完成。

※今回使ったドライトマトのオイル漬けは、絡めるだけで一皿できる簡単なものを使いました。→セミドライチェリートマトとオリーブの実 オイルパスタソース

※アサリは冷凍アサリを使用しました。夏のアサリは、中毒をおこすこともあるので、よく加熱したほうが良いようです。

★一口メモ

アサリ・・・アサリは、たんぱく質、ミネラル、ビタミンBを豊富に含み、体にこもった余分な熱を収める効果があります。ミネラルと微量元素は殻に含まれているため、殻ごと調理すると良いですね。冷凍アサリは使いたいときにすぐ使えるので便利ですよ。ちなみに、今回はにんにくも刻んで冷凍にしてあるものを使用。買ってもすぐダメにしてしまう私のようなひとにはお勧めです。

ドライトマト・・・抗酸化作用、抗ガン作用をもつと注目されているリコピンを含むトマトは、ビタミン、ミネラルが豊富で、西洋では「トマトが赤くなると医者が青くなる」と言われるように様々な効能がみられます。ドライトマトは、干すことによりカサが減り生より多く摂取できますし、うまみ成分のグルタミン酸も増して良いことづくめ。興味のある方は、自分で色々なハーブを入れてオイル漬けを作って楽しむのも良いですね。

豆腐と豚肉のあんかけ

2020/08/15


ゆきこ          

またまた登場、薬膳マイスターのゆきこです。今回はみんな大好きお豆腐のメニューです。お試しあれ。

<豆腐と豚肉のあんかけ>

今回も、暑い夏にも食べやすく胃にもやさしいお豆腐のレシピです。豚肉を加えることで栄養素のバランスも良くなり、ネギとニンニクのアリシンが、豆腐や豚肉に含まれるビタミンBの吸収を助けます。

★材料

絹ごし豆腐・・・1丁
豚肉細切れ・・・50g
(調味料A)酢・・・小さじ1/2、にんにくスライス・・・半片分、ごま油・・・小さじ1
(調味料B)片栗粉・・・大さじ1/2、しょうがの千切り・・・一片分、ネギ(白い部分)の千切り・・・7~8cm分、塩、こしょう・・・少々、酒・・・小さじ1
(調味料C)長ネギ(3cm程度に切る)・・・半本分ほど、だし汁・・・100ml

★作り方

1.豆腐はペーパータオルで包んでしばらく置き、軽く水気を切って一口大にちぎる。
2.豚肉に調味料Bを加えてよく混ぜ、5分ほどおく。
3.熱したフライパンに油をひいて、2の豚肉を軽く炒め、色が変わったら1の豆腐を加え、さらに炒める。
4.調味料Cを加えてからAを加え2~3分煮て、ゴマ油を回しかけて完成。

※にんにく、しょうが、ネギは、お好きな量でOKです。
※香味野菜の風味を活かして、薄味に仕上げてあります。お好みで塩などを加えてください。

★一口メモ

豆腐・・・豆腐は、2,300年前の漢時代に発明され、現代まで健康食品の代表的な存在として重用されています。東洋医学的には、体内にこもった熱を収め、臓腑を潤し、気の巡りをよくし、老廃物を排泄する作用があります。消化が良いので、胃腸に優しい食材です。胃腸が冷えてお腹を壊しやすいかたは、温めた豆腐を控えめに食べるのが良いですね。

ネギ・・・中国西部が原産とされています。日本では、10世紀ごろから薬用、食用に栽培されるようになりました。東洋医学的には、白い部分は、風邪を発汗作用で追い払い、気の巡りをよくすると言われています。また、解毒の作用もあります。現代医学的にも、様々な菌に対する抑制作用が認められています。でも、微熱やのぼせのあるかたは控えめに。どの体質のかたも、食べすぎには注意しましょう。

ゆきこ登場

2020/08/13


ゆきこ     

ブログ初登場、薬膳マイスターのゆきこです。これから色んなレシピをご紹介していきたいと思います。ご家庭で簡単にできるメニューを選んでいきますので、是非試してみてくださいね。

<松の実が香ばしい簡単ふりかけ>

暑さでバテ気味の毎日ですが、疲労回復のための簡単ふりかけをご紹介します。
ついつい冷たいものを食べすぎたり、食欲がでなかったり、胃の不調を感じているかたも多いと思います。
そんなときには、東洋だけでなく西洋でも昔からレシピに取り入れられている松の実を使って元気に乗り切りましょう。

★材料

松の実・・・大さじ1
大根葉・・・1本分
大葉・・・10枚
じゃこ・・・20g
白ごま・・・大さじ1
ごま油・・・小さじ1と1/2
(調味料)万能つゆ(3倍濃縮)・・・大さじ1
     酒・・・大さじ1
     みりん・・・大さじ1

★作り方

1.大根葉は細かく刻む。大葉は細く刻む。
2.フライパンを温め、松の実、白ごま、じゃこを入れてから煎りし、松の実がきつね色になったら、ゴマ油を加える。
3.大根葉、大葉も加え、さらに炒める。
4.調味料を加えて味をととのえ、火を止める。

★一口メモ

松の実・・・薬膳では、海松子(カイショウシ)といいます。中国では、仙人の食べ物として不老長寿を願って食されてきた食材です。ビタミンEが豊富で、老化防止に良いと言われています。免疫力も高めます。イタリア料理のペスト・ジェノヴェーゼなどにも使われていますね。

大根葉・・・ビタミン・ミネラルがとっても豊富。なかなか売っていないですが、手に入るときは是非買ってね。

※大根葉がないときは、小松菜で代用できます。体の余分な熱を収めて、心を安定させる作用、胃腸の働きを促す作用があります。

過去のブログはこちら

image
image

当院は疲労、冷え症、不眠症の3大慢性疾患専門の治療院です。
東洋医学的治療を行うにあたって説明をしっかり行いすべての治療を院長が責任を持って最後まで担当します。
中央林間駅から徒歩4分、本気で治療と向き合う鍼灸院として「質の高い毎日を過ごしたい」「本当の健康を手に入れたい」と一緒に改善を目指す方のご来院をお待ちしております。

PAGE TOP